大阪城北ロータリークラブ

大阪城北ロータリーバナー

大阪城北ロータリーバナー

バナーは、各クラブのシンボルです。全てのクラブによってデザインが違います。大阪城北ロータリークラブは旭区のシンボルの菖蒲をイメージしています。

社会奉仕活動

30周年記念事業の大阪城天守閣での 「南蛮屏風」


 

 平成19年1月2日、当大阪城北ロータリークラブは、創立30周年を記念し 「南蛮屏風」 の原寸大陶板を大阪城に寄贈、その除幕式を大阪城において来賓多数の出席を得て行った。

社会奉仕活動などを行う 「大阪城北ロータリークラブ(RC)」 (大阪市都島区)は創立30周年を記念し、大阪城天守閣(同市中央区)に所蔵されている重要文化財 「南蛮屏風」 右隻の原寸大陶板を寄贈し2日、天守閣で除幕式が開かれた。
南蛮屏風はヨーロッパとの交易の様子を描き、16世紀末から17世紀初頭にかけて制作された。こうした屏風は90点以上あるが、天守閣所蔵のものは、左隻に南蛮船と外国の港を、右隻に南蛮船と日本の港を描く代表的な作品で、国の重要文化財に指定されている。今回、 「外国からの観光客が多い大阪城にふさわしい作品を」 として南蛮屏風の原寸大(縦159a、横375a)の陶板を制作した。

陶板は天守閣入り口で一般公開される。

 

 


Rotary Shares

国際ロータリーテーマロータリー:変化をもたらす



フォトアルバム
フォトアルバム
 

国際ロータリー第2660地区


http://www.ri2660.gr.jp/
 

四つのテスト

四つのテスト 言行はこれにてらしてから 1)真実かどうか 2)みんなに公平か 3)好意と友情を深めるか 4)みんなのためになるか

1932年、ロータリアンのハーバート J. テイラーが「四つのテスト」を作り、その11年後、ロータリーはこれを倫理規範として採用しました。以下の問いに示されたこのテストは100カ国語以上に翻訳されています。


acrobat
PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。