大阪城北ロータリークラブ

大阪城北ロータリーバナー

大阪城北ロータリーバナー

バナーは、各クラブのシンボルです。全てのクラブによってデザインが違います。大阪城北ロータリークラブは旭区のシンボルの菖蒲をイメージしています。

ロータリークラブとは


■四大奉仕活動とは
ロータリーの綱領に基づいてロータリークラブの会員は四つの分野において重点的に奉仕活動をしています。

1)クラブ奉仕とは
ロータリークラブ内の運営管理、会員同士の親睦の為に、出席、会報、親睦活動、会員増強他の委員会で活動が行われています。

2)職業奉仕とは
ロータリークラブの会員が所属している職業上の債務を遂行することで社会に貢献、奉仕すること、又、同時にロータリークラブの会員でない人にも“奉仕の心”を広める活動を行うことです。

3)社会奉仕とは
ロータリークラブの会員が個人として、又、他の団体と協力して地域社会に対して思いやりや援助の気持ちを形に表す活動です。青少年の育成(ローターアクト・インターアクト・ライラ等)、環境問題の取り組み、社会的弱者に対する活動も行われています。

4)国際奉仕とは
ロータリークラブの会員が国際理解、親善、平和を推進する為に行っている国際的奉仕活動です。米山記念奨学会等で行っている海外からの留学生(米山記念奨学生)への奨学金の援助、地区で行っている高校生を対象とした留学生(青少年交換学生)への援助、又、ロータリー財団で行っている留学生(ロータリー財団奨学生)への援助やポリオ・プラスを初めとする各プロジェクトの支援等が主たる活動です。


■ロータリーの綱領
ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹育成することにある。

第1 奉仕の機会として知り合いを広めること。

第2 事業および専門職務の道徳的水準をたかめること;あらゆる有益な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること;そしてロータリアン各自が業務を通して社会に奉仕するためにその業務の品位をあらしめること。

第3 ロータリアンすべてがその個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の思想を運用すること。
第4 奉仕の思想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって国際間の理解と親善と平和を推進すること。


■四つのテスト
言行はこれに照らしてから

1)真実かどうか
2)みんなに公平か
3)好意と友情を深めるか
4)みんなのためになるかどうか

詳しくは「国際ロータリー日本語公式サイト」をご覧ください

 


Rotary Shares

国際ロータリーテーマロータリー:変化をもたらす



フォトアルバム
フォトアルバム
 

国際ロータリー第2660地区


http://www.ri2660.gr.jp/
 

四つのテスト

四つのテスト 言行はこれにてらしてから 1)真実かどうか 2)みんなに公平か 3)好意と友情を深めるか 4)みんなのためになるか

1932年、ロータリアンのハーバート J. テイラーが「四つのテスト」を作り、その11年後、ロータリーはこれを倫理規範として採用しました。以下の問いに示されたこのテストは100カ国語以上に翻訳されています。


acrobat
PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。